ハイパーマッスルHMBのFINFIT【公式サイト】
ゴリラのイラスト
menu

筋トレする人におすすめの食事はコレ!コンビニでも買えるおすすめ食材をご紹介

筋肉を成長させるには食事が重要になることは言うまでもありませんが、仕事や学校などで忙しかったり、自炊が苦手な人にとっては筋肉に有効な食事を用意できないというのが現状だと思います。

そこで今回は、コンビニでも買うことのできる、筋肉の成長に有効な食材について紹介していきます。

基本は高タンパク食

チキン

筋肉を増やすには、タンパク質をしっかり摂取する必要があります。

筋肉を大きくしたい人の場合は1日に体重1kgに対して2g以上のタンパク質の摂取が必要になります。

現在はサプリメントの形でトレーニング後にプロテインを摂取することも流行していますが、やはりまずは食事からタンパク質を摂取することが理想的です。

筋トレの強い味方となる食材

タンパク質の多い食材としてはやはり肉を食べることが大事になりますが、特に鶏のむね肉は脂質が少なく、しかも高タンパクですので、筋肉に対して非常に有効です。

コンビニで手軽に買えるタンパク源としてまずおすすめできるのはサラダチキンです。

サラダチキンについては非常に人気のため、ご存知の人も多いと思います。

コンビニによって若干数値は異なるものの、1食で20g前後のタンパク質を補給することができ、しかもカロリーも低いので、男性女性問わず、筋トレをしている人はもちろん、ダイエットをしている人にもおすすめです。

味のバリエーションも豊富ですので、自分の好みに合った味を選択するのが長続きのための方法です。

魚系食材

タンパク質は肉だけでなく魚にも豊富に含まれています。
コンビニには、おつまみコーナーに焼き魚の販売もありますので、魚からタンパク質を摂取したい時にはおすすめです。

また、缶詰コーナーに行けば鯖缶やサンマのかば焼きの缶詰も販売しています。

魚に含まれる油は血液をサラサラにしてくれる効果もある良質なものですので、健康に気を遣っているものの日ごろ食事で魚を食べる機会のない人は購入してみてもいいでしょう。

練り物

練り物は魚を原料としていますので、タンパク質が豊富に含まれています。
ちくわやカニカマはもちろん、レジ前のおでんの練り物もタンパク質が多く含まれています。

無視できない糖質(炭水化物)

麦飯

筋肉を大きくするためにはタンパク質の摂取が重要になることは言うまでもありませんが、炭水化物も適度に摂取することで、よりタンパク質の吸収を高めることが出来ます。

しかしだからといって、甘いものやご飯類、麺類を大量に摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまいますので注意しましょう。

おすすめの糖質

タンパク質の吸収をアシストし、しかも余計な脂肪をため込みにくい炭水化物として、GI値の低い炭水化物の摂取を推奨します。

GI値とは、血糖値の上昇スピードを数値化した値であり、これが低いほど血糖値を上昇させにくくなり、脂肪をため込む原因となるインスリンの増加を抑制できます。

そこでまずおすすめする食材としてブランパンがあります。ブランパンは小麦の外側の皮を使って作られたパンであり、血糖値の上昇も緩やかなうえに、食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。

タンパク質の量も小麦粉のパンよりも豊富なため、筋トレをする人にとっては大変うれしい食材といえます。

麦飯系商品

白米はGI値が高く、大量に食べることで脂肪をため込みやすくなってしまいます。

一方、麦飯の場合はGI値も低いので、余計な脂質をつけにくくなり、おすすめです。

コンビニによってはもち麦入りのおにぎりや大麦の入ったお粥も販売されていますので、ダイエットをしながらも糖質を取りたい人にはおすすめです。

栄養バランスの取れたメニュー

豆腐麺

コンビニには様々なメニューが販売されていますが、多くの食材を使い栄養バランスに優れたメニューもあります。
普段栄養バランスが偏っている人におすすめのメニューを以下で紹介していきます。

タンパク質豊富なサラダ

コンビニには多くのサラダ商品が販売されていますが、野菜や海藻のビタミンミネラルだけでなく、タンパク質もしっかり摂れるものもあります。
鶏ささみや胸肉が入ったサラダであれば、バランスよく栄養素を摂ることができます。

パスタサラダも現在は様々な種類販売されており、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素をバランスよく摂取できます。

注意すべきは、唐揚げ入りのパスタサラダです。鶏肉を揚げることで余計な脂質が含まれてしまうので、減量中の方は食べるのを避けたほうが良いでしょう。

植物性タンパク質豊富な食材

タンパク質には動物性のものと植物性のもの筋トレがありますが、植物性タンパク質は吸収が緩やかで腹持ちが良いという特徴を持ちます。

コンビニで購入できる植物性タンパク質源として今注目を集めているのが豆腐麺です。

これは麺に豆腐を練りこんだものであり、糖質を制限できるだけでなくタンパク質もしっかり摂取できるので、増量・減量期に関係なくいつでも摂取できます。

まとめ

コンビニエンスストア

今回の記事では、コンビニでも購入可能な筋トレ関連食材について紹介してきました。
コンビニ飯はどんどん進化を遂げており、人々のニーズに合ったメニューが次から次へと販売されています

特に現在の筋トレブームから、筋トレをする人向けの食材も豊富に販売されていますし、有名トレーニングジムとコラボレーションした商品もあります。

皆さんもコンビニに行けば、意外な筋トレ関連食材にたどり着けるかもしれませんので、店内をくまなく探してみましょう。